交通誘導:副業体験談 | がっつり稼いだ成功者の生の声

約3000円からできる!主婦やサラリーマンにも大人気な副業FXとは?

副業で交通誘導:副業体験談

主に工事現場、駐車場、イベント会場などで車両や歩行者の誘導を行う仕事です。 単に「誘導」するのではなく事故、渋滞、トラブル、クレームを防止しないといけません。

交通誘導体験談1

交通誘導を始めたきっかけは、東京の大学に進学が決まり、高校3年の春休み期間、時間が余っていたことと上京する時の資金を稼ぐのが目的でした。
朝は8時に事務所に向かい、そこかれ車で現場に向かいって、 基本的には5時頃終了して、6時には事務に戻る感じでした。
現場は、国道、一般道、建築現場、など様々で近場から、となりの市まで行くこともありました。
国道では、長い距離の交通誘導でしたので6・7人を行い、 無線を使いながら、中継地点ずつ合図を送り、最後のナンバーをコールしていきます。
国道ですので、交通量も多く、確認ミスなどしてしまいますと、 大きな事故になりかねないので、かなりのプレッシャーがかかります。
また、ダンプカーやトラックなど大型車両を背中に作業し、 クラクションなんか鳴らせれると、かなりビビってしまいますね。
建築現場は一転して、ほとんどが建築車両なので、 交通量もすくなくやる事が少なくで、時間を長く感じていました。
一般道では免許研修中の友人と会ったりした思い出があります。

交通誘導体験談2

駐車場の交通誘導を行いました。
夜中集合で翌朝7時くらいまでの日程だったと思います。
日給12000円くらいだったように思います。
10月ころと記憶していますが、相当寒くて借りたジャンパーだけでは寒くって跳ねまわっていました。
途中仮眠もして良いとの事だったのですが、寒くてとても出来る余裕がありませんでした。
仕事自体は特に問題もなく、決められた場所にたって、 時折窓を開けて駐車場の場所を訪ねてくるお客さんに対応するというものでした。
誘導灯を持ったのは後にも先にもあの一度だけでしたが、 特別な身振り手振りは要求されなかったので特に困ったことはありませんでした。
困ったことはやはり、昼間生活の人間が夜中ずっと寒い中、立っているということで、 20代で体力があったからできましたが、今やれと言われたら、 給料を上げてくれても断ってしまうと思います。
予想通り体力勝負の仕事でしたが今となっては良い思い出というやつです。

1日たった5分でOK!副業に最適なFXってなんなの?

月100万稼げる副業FXとは?

超稼げる副業FXを漫画で解説!

初心者向けFXアプリ

FX投資について優しく解説しているFX超入門アプリです。
⇒Android版
超初心者向けFX入門(Android版)

⇒iPhone版
超初心者向けFX入門(iPhone版)

漫画とクイズで学ぶFX

漫画とクイズで楽しく無料で学習できるアプリ

●Android版
漫画とクイズで学ぶFX入門(Android版)

●iOS版
漫画とクイズで学ぶFX入門(iPhone版)
ブログパーツ

副業体験談


ページ上に戻る